ご挨拶

21世紀は間違いなく「環境の世紀」となった。

環境に配慮しない経済活動や消費行動が、気候変動や環境汚染、生態系の破壊等を加速させることが明らかになり、人類の生存の危機すら招く可能性が高まった。これにより環境に配慮した経済社会への転換が、世界各国における最重要課題の一つとなったのである。

日本は狭い国土と乏しい資源の中、工業化の成功で世界有数の経済大国になり、その課程での深刻な公害問題も克服し、省エネルギー化まで実現した。これら日本の環境技術・製品を生み出したのは、大企業のみならず中小企業、ベンチャー企業、また町や個人の工場や研究所、大学等様々だ。

ただこれらの優れた環境技術や製品の中には、まだ日本の経済社会に普及していないものも少なくない。その理由には、一つの会社が、優れた環境技術や製品の開発に加えて、それらの市場調査、販路開拓、営業活動まで全てこなすのは、中小企業やベンチャー企業には困難であるからである。

また世界経済の牽引役を担う中国や東南アジアなどの開発途上国においては、過去日本が経験したものと同様の深刻な公害問題が発生している。その改善には、日本の環境技術の導入が不可欠だが、日本の環境技術・製品の世界の環境ビジネス市場の割合は1割程度しかなく、大きく参入出来ない状況である。

その理由の一つが、海外事業展開におけるノウハウ不足である。多くの環境企業にとって、優れた技術や商品があっても、海外事業展開における多くの障壁を乗り越えられる人材、専門知識、経験、ネットワーク等を持ち合わせていないからである。

一般社団法人環境ビジネス交流協会は、これらの課題を解決するために、国内においては、個々の優れた環境技術・製品の市場調査、販路開拓、営業活動、販売・代理・取次業務までのサポートを。また海外においても、北京大学や蘇州商工会等との独自の産官学のネットワークを活かして、シェアの拡大に向けた同様のサポートを実施する。

本物の環境技術・製品が国内外に普及するためのプラットフォーム(土台)になれば幸いである。

2015年7月
一般社団法人環境ビジネス交流協会
会長 安藤 眞